pipipi

好奇心を大切にしたいOLの気持ち

19歳の自分が考える幸せとは

こんにちは。

 

ドラマ、タラレバ娘も終わってしまい、あとは原作を待ちわびる日々が続いています。

そして今回はタラレバ娘の最終話にも出てきたように、

幸せとはという内容でお話させて頂きます。

 

f:id:myavvis:20170403002240j:image

 

幸せの基準は年齢によっても人によっても変わってくると思いますが、

一番の基準は自分が幸せと思ったら幸せという事だと思っております。

 

信号引っかからなかった!幸せ!

お財布の中に思ったよりお金が入ってた!幸せ!

カレー美味しかった!幸せ!

ピルクル飲みたくてコンビニに行ったら売ってた!幸せ!

定時に仕事上がれた!幸せ!

友達と遊んだ!幸せ!

 

それだけで幸せなのです。

彼氏がいる友人に彼氏作りな~とか、ピアスホール作った方がいいよ~。

など、周りからとやかく言われますが、内心その友人の基準ではないのか?とも思います。

 

周りからは可哀想と同情の目で見られても本人が幸せだというのなら、始めに書いたように、それは幸せだと思っています。

 

気持ちの大きさは数値化出来ないので、幸せかそうでないのか決めるのは本人なんです。

 

小さい時に父親に「どういうときに幸せだなって思う?」と聞いたことがあります。

お父さんは難しいなぁ〜と悩んでから、

 

「お母さんと結婚できて子供が2人も出来て、家も建てれて、家族と一緒に普通の生活が出来ている事に幸せを感じる」と答えてくれました。

 

人生経験が豊富だからこその意見だと思います。

 

今の私も、職場の人、会社、友人周りの人と仲良くしてもらってる、

お世話になってる、色んな事を教えてもらえてる今の自分の状態を幸せに感じる時が多々あります。

 

それと同時にお父さんが言ってたのはこの事かなとふと思います。

 

幸せの基準を下げて幸せを増やすのも好きだし、楽しいけれど、

いつもの行動だったり環境を幸せと思えるようになると日々幸せなのでは、と思いますね。

 

結論としては、自分が幸せと思うなら幸せだよ!という事なんですが、

いかに自分が自分の幸せを見つけることが出来るのかという課題にも繋がります。

 

自分の人生に刺激的なものが欲しい!とか思う時もありますが、

自ら動かなくても山なり谷なりそれなりに人生色んな事があるものだと思うので今の生活を楽しんでみたいと思います。

 

今の仕事を辞めてでもやりたい事はあります。

やりたい事の為にお金を貯めている状態ではありますが、時間に身を任せて来る時が来るまでその分野の事を勉強して待ってみます。

 

 

今回も自分の意見しか言ってないですが終わります。