pipipi

好奇心を大切にしたいOLの気持ち

思っていたのと違ったと退職を考える事について

 

こんにちは。

また出張の話が出ました高瀬です。

 

25歳の後輩が会社について、『思っていたのと違ったから辞めることを考えてる』と言ったので、

ネット記事ではそのセリフを聞いた事がありましたが、実際に聞いてみて本当にそう言う人がいるんだって、

芸能人に会って本当に存在したんだ!と思うときと同じ現象を実感してます。

 

それと同時に、なんで思っていたのと

違ったと思うのかと不思議に思いました。

 

f:id:myavvis:20170506233841j:image

 

その後輩が言うには、この店舗は好きだけど労働環境がおかしい会社が嫌いとのことです。

 

確かに私が在籍している会社は、

同じ業種の人達(一般社員)より仕事量も少ないし給料も良い方です。

ただ、退職金が無かったり、福利厚生が少なかったり労働するに必要になるものが足りてない場合もします。

あと役職が上がるにつれ、休みが無い、休日出勤がほとんどな労働環境です。

なので退職者が多い会社ではあります。

 

そんな会社を擁護するつもりもないですが、

役職があがるにつれ、休日出勤が多くなること以外は、入社する前に分かっていた筈なのになんで思っていたのと違ったと言うのかと思ってしまうんです。

 

確かに働いてて、「うわー、まじか。こんな事してんの?!」と思った事もあります。

 

私は入社前に退職者が多い事や労働環境が悪い事、会社の悪い部分を主に知ってから(調べたら悪いところしか出てこなかった)

続けられるかなって思って入社したら、いい人が多くて会社自体も労働環境を改めようとしてる事が分かったから続けられている状態です。

 

要するに、

最初に期待するかしないかの違いだと思います。

あと個人的な話ではありますが、

幼い頃から働きたいとずっと思っており、

私が想像してた社会人の姿は絶対に潰れないと確信できない会社で残業を何十時間もして、給料も良くなくていつも辛そうにしてるけど仕事を真面目にしている人を想像してたんです。

女の人は仕事か結婚かの2択みたいな。

 

今思い返すと無茶苦茶だと思うし、なんでそんな想像してたのに働きたかったのか不思議で仕方ないですが、そういう社会人を想像したうえで実際に働いてみると、案外会社としてはおかしくても私が想像してたのより働きやすいって、思いました。

 

そして、もし、私が高校時代にアルバイトをしていたら逆に働きにくいと思ったかもしれないです。

現に、後輩はアルバイトを専門学校を卒業してその後実家に帰り25歳になるまでアルバイトで繋いでいたので

入社したての頃はアルバイト感覚が取れず、シフトの変更を要求していました。

 

アルバイトを経験している人が皆そうだとは思いません。

アルバイトも人生経験ではあるけどアルバイトと正社員だと責任の重さが違うことを理解している人とそうでない人の差は大きいと感じます。

 

私の高校は就職者が多いにも関わらずアルバイト禁止だったのでそういう事なのかなと考えましたが、そもそもの学力が低い学校だったので更にアルバイトをやるとさらに学力が落ちるからという理由かもしれないですね。知らないですが。

 

なので、後輩が「思っていたのと違った」と思う理由としては最初に期待をしたからなのではないかと私は思います。

 

最初に聞いた時は、???という感じで後輩の気持ちが分からなかったですが、普通の会社と思って入社した後輩とブラックな所があると知りながら入社した私とじゃ、そりゃあ考えも違うよなぁと。

 

上手くまとまらずに1400文字をこえましたが、

前の記事で、考え次第でブラック企業ブラック企業ではなくなるという事を書きましたが、最近お腹の左下部分が痛くて歩けない時が多くなってきたんですが、それはストレスなんでしょうか。

 

あ〜〜〜こわいこわい。

 

このブログを読んで下さった就職前の方がホワイトな企業に就職出来ますよーーーに!

 

おしまい。